同世代の30歳から40歳代が日頃気になる話題のニュースや情報をNOTEに記録するかのごとく紹介していきます。

やまそうNOTE

生活スタイル

名古屋で空き家物件を所有している人は必見 シェアハウスにして収益化

更新日:

やまそうです。本業は名古屋市内で税理士をしています。季節柄、現在は確定申告の準備に追われています。最近の税務相談で相続の相談が年々増加してきています。その中でも空き家をどうにかしたいという相談も増えてきています。

スポンサーリンク

今回は、この空き家についてどうにか有効活用できないか考えていきます。

少子高齢化が進み増え続ける空き家問題

日本は世界で一番少子高齢化が進んでおり、その象徴の一つが「空き家」問題です。それには大きく二つの原因があると考えられています。

一つ目は高齢化の進展が著しく、持ち屋を取得したい世代より、持ち家を残して亡くなっていく世代のほうが多いことです。

二つ目は、空き家の管理の問題です。相続した空き家は、売るか貸すか、あるいはそのまま維持するかを選択しなければなりません。しかし、子ども時代を過ごした自宅の売却に抵抗があったり、税金の負担が心配だったり、賃貸に出した場合にどんな人が借りるのかなど、問題を先送りにしてしまう傾向があります。

空き家問題について、国や地方自治体も対策を行っており、国においては、相続した空き家を譲渡した場合の「空き家に係る譲渡所得の特別控除(以下、空き家特例)」を用意して税金面からサポートしています。

スポンサーリンク

相続で取得した空き家の譲渡所得3000万円特別控除

相続した空き家を譲渡する際、一定の要件を満たせば、譲渡した譲渡益(売却益)から3000万円までは、所得税が課されません。

しかし、この特例は適用要件が厳しく、確定申告書に添付する必要書類も多いため、時間的に余裕を持って準備する必要があります。空き家特例の主な要件は次の通りです。

  1. 被相続人が一人暮らしであること
  2. 1981年5月31日以前に建築された建物であること
  3. 相続から譲渡時まで空き家であり、事業・貸付・居住の用に使っていないこと
  4. 空き家の譲渡した譲渡価格が1億円以下であること
  5. 相続日から起算して3年を経過する年の12月31日までに譲渡すること
  6. 2016年4月1日から2019年12月31日までの譲渡であること

なお、4については1億円以下にしようと考え、売買契約を複数回に分けても、通算して判定されるため認められません。また、共有者がいる場合、共有者との合計額が1億円超か否かで判定され、要件を満たせば共有者は3000万円控除が可能となります。

空き家特例を申告する際は、相続した物件所在地の市区町村から証明書(被相続人居住用家屋等確認書)の交付を受け、確定申告書に添付する必要があります。この証明書の交付には、たくさんの提出書類が求められ、相当の時間を要するので余裕を持って申請するようにしましょう。

スポンサーリンク

空き家をシェアハウスとして収益化する所有へ シェアハウス180【SHARE HOUSE180】

上記のように税制優遇など国をあげて空き家対策に力を入れています。しかし、空き家を譲渡をしようともなかなか売れなかったり、上記の税制優遇の適用が出来ず税負担が重くて売れないと考える方もいると思います。かといって、誰かに貸そうとしても借手がいないなど、思い通りにいかないのが、常だと思います。

そこで、今、注目されているのが、空き家をシェアハウスして収益化を図ろうとする動きに注目されています。

シェアハウスとは

自分の部屋とは別に、共同利用できる共有スペースを持った賃貸住宅のことで、共同住宅ならではの「共有」と「交流」を楽しめる新しい住まいの形として外国人、日本人問わず認知されています。シャアハウスは通常の賃貸アパートに比べ初期費用・毎月の費用を抑えてリーズナブルな価格で住めるところも大きな魅力です。今、住み方の新しいスタイルとして注目されています。

名古屋でシェアハウスのオーナーになるなら シェアハウス180【SHARE HOUSE180】

SHARE HOUSE180°は東海エリア最大級のコンセプト型シェアハウスブランドです。名古屋市を中心にシェアハウスの企画・集客代行・運営を実施しています。2018年9月時点において名古屋を中心に紹介棟数計36棟1101室を誇り、その内、自社運営は21棟250室以上と中部地方で最多戸数を扱っています。

なぜシェアハウス180が選ばれるのか?

① 入居率90%以上の高い集客力

シェアハウス市場の分析など空き室対策(集客)のノウハウがあります。だからこそ稼働中のシェアハウスは90%以上の入居率で運営しています。また、テレビ、書籍、新聞、専門WEBサイトなど、多くのメディアで紹介されているため、高い知名度による安心感も集客力の秘密でしょう。

② 家主の費用負担0円からの選べるプラン

空き家物件はあるけど、最初にリノベーションや工事など高額な負担をしなければいけないのではと考える人もいるかもしれません。そこはご安心ください。家賃設定によってはリノベーションなどの改修費用はシェアハウス180が負担し、家主の費用負担は0円で物件を借り上げることが可能です。

また、家賃が保証され毎月の安定収入が希望の方は毎月の家賃が固定となる一括借上げでの運営や、入居時の家賃が変動する運営委託など複数のプランが準備されています。

③ 提案から運営までぶ厚いサポート力

トラブルが起こりがちな立ち上げ後2~3か月間はシェアハウス180のスタッフが住み込み、24時間対応します。ですので、入居者、近隣トラブル等もお任せできます。また、室内掃除等は週1回以上行い、大事な物件保持も安心です。運営に関することはプロに任せてオーナーは賃料収入を得るだけです。また、設計士、弁護士、税理士など12職種の専門家チームでサポートし、相談も初回無料で対応してくれます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は空き家の問題について考えました。税制優遇など国をあげて空き家対策に取り組んでおりますが、税制が使い勝手が悪かったり、そもそも、リノベーションをしなければ買い手や借り手がつかないという複雑な問題があります。しかしながら、その空き家の収益化の一つとして、シェアハウス180によるシェアハウスによる収益化の取り組みをご紹介しました。もし、空き家があって、その取扱いに悩んでいる方がいたら、毎月一度、シェアハウスで行われる無料説明会もあるので、まずは気軽に参加してみましょう。この物件がシェアハウスにできるのか?親身になって相談に乗ってくれますよ。


 

 

-生活スタイル

Copyright© やまそうNOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.