page contents

会計事務所に勤めながら30代の同世代が日頃気になることを備忘録のNOTEのごとく話題なニュースやためになる事柄を紹介していきます。

やまそうNOTE

健康・美容

治療した歯こそ虫歯になる!?正しい歯磨き方法と良い歯科医の見分け方

投稿日:

やまそうです。今、確定申告の真っ只中、歯が痛いです。ところで、皆さんは歯の銀の詰め物はありますか。虫歯になると虫歯を削られた後に治療跡を覆い被すモノです。その詰め物の下が虫歯になったことがある方はいるのではないでしょうか?

先日、NHKの人気番組の「あさいち」でも取り上げられた「歯のトラブル」と題された特集は大きな反響がありました。

多くの人は「自分はちゃんと虫歯の治療をしているから大丈夫」「神経まで抜いているからこれ以上悪化しない」と思っているでしょう。実はこれは大きな間違いです。今回は、虫歯の治療のトラブルを考えていきます。

スポンサーリンク

治療した歯こそ、最も虫歯になりやすい

「名医は虫歯を削らない」などの著者で小峰歯科医院理事長の小峰一雄氏は以下のように述べてます。

痛い思いをして削ってもらったことだし、これで一安心・・・と思うのは、大きな間違いです。実は歯は少しでも削られた瞬間から弱り始め、いつか歯を抜かなければならない運命にさらされるのです。

今までの虫歯の治療といえば、歯を削って詰め物や被せ物をするのが長らくの常識とされてきました。しかし、小峰氏によれば、「『歯の治療=削る』はもはや古い考え方でそもそも削るから虫歯になりやすくなる」とのことです。

なぜ、削った歯は虫歯になりやすくなるのか?

人間の歯は、中心部に「歯髄」と呼ばれる神経があり、その周りを「象牙質」という柔らかい部分が覆っています。そして、表面を「エナメル質」の堅い層が守っています。

歯を削ると、表面のエナメル質に目に見えない無数のキズができます。そこから虫歯菌が入り込んでくるのです。そのため、外からではなく、内から虫歯になっていきます。

もっといえば、詰め物の下の歯が虫歯になるのは再発ではなく、虫歯を削った時点ですでに、虫歯菌が中に入り込んでいるわけです。

小峰一雄氏

皮肉なことに、虫歯を削ると、そのときはうまくいったように思いますが、長い目でみた場合その歯そのものの寿命を短くしているのです。

スポンサーリンク

歯が少ない人は寿命が短い

歯の本数で寿命が変わる?

別に歯がなくなっても命にかかわるわけではないと軽く考える人がいるかもしれません。しかし、これも大きな間違いです。

80歳以上で残っている自分の歯の本数は平均で約9本といわれています。10本以上残っている人は、その後の15年の生存率が1.5~2.0倍も高いことが報告されています。老いてから歯を失うことは、寿命を縮めることと同義といっても大げさではないでしょう。

意外に知らない歯周病の怖さ

虫歯と並んで歯を失う原因となるのが歯周病です。歯周病とは歯垢(クラーク)についた菌が歯ぐきなどに侵食した状態をいいます。悪化すると歯がぐらつき最終的には抜け落ちます。

歯周病といえば、歯ぐきから血が出る、口臭がきつくなるくらいしか思いつかないかもしれませんが、実は歯周病は全身に悪影響を与える病気なのです。

歯周病が引き起こす病気は糖尿病、心筋梗塞、リウマチ、がんなど多岐にわたります。

たとえば、歯周病の人は膵臓がんの発症リスクがそうでない人に比べ2・3倍高くなるというデータがあります。もちろん、歯周病菌は血液によって全身に運ばれるため、すべての臓器はがんになる可能性があります。

スポンサーリンク

削れば削るほど悪化するのになぜ歯医者は削りたがるのか

削れば削るほど悪化する歯。ではなぜ、歯医者は歯を削りたがるのでしょうか?その理由は、現在の保険制度のしくみにあります。

現在の保険制度では歯を削らないと診療報酬がもらえないため、削らざるを得ないのが現状です。最大の欠点は、一度にたくさんの治療を行うことができない制約があることです。そのためできるだけ一回の治療を少なくし、通院回数を増やさなければなりません。現状の保険制度は患者本位のものでは決してないことはあきらかです。

どうして生まれた歯医者の保険診療問題

現状の保険診療の問題の背景には、歯医者の激しい競争社会が隠れています。厚生労働省が公表している「医療施設動態調査」によると、平成30年3月末における歯科診療所数は、約6万9000軒あり、この軒数はコンビニ(約5万6000店)よりも多い計算になります。

なぜ、歯医者の数がコンビニの数を超えたのか

歯医者の数がこれほどまでに増えたのは、国が歯科医になるための国家試験合格者を増やしすぎたこと大きいといえます。60年代高度経済成長期、欧米に近い食生活が増えた結果、虫歯の患者が急増し、ベビーブームも相まって歯科不足に陥りました。

そこで国は、歯学部の新設を促進し、その結果、爆発的に歯科医が増加しました。

しかも歯科医には引退がありません。そのため患者の奪い合いが激化し、それに伴う経営状態が悪化し、廃業に追い込まれる歯医者も少なくありません。

スポンサーリンク

あなたの歯磨きは間違っている?正しい歯磨きの方法とは

普段から歯を守るためには普段の歯磨きが大切です。しかし、「正しい歯磨きの方法」は意外と世間に浸透していません。

歯を磨くのは食後30分以上経ってからが理想

食べた後すぐ歯を磨くというのは、実は間違いです。食事して歯についた酸性の食べ物は、歯の表面にあるエナメル質をやわらかくする性質があります。

唾液には、それを修復する作用があるのですが、食べてすぐ歯を磨いてしまうと、まだやわらかいエナメル質が削れるばかりか、歯の修復も妨げることになります。食後30分以上経ってからの歯磨きが理想なのです。

虫歯や歯周病に効果のある「フッ素」ただしく使用してますか?

歯磨き粉に使われる「フッ素」は歯をコーティングして虫歯や歯周病を防ぐ効果があります。近年は従来よりフッ素濃度が高い歯磨き粉も登場しています。しかし、歯磨きの後、口を水でゆすぎすぎると意味がありません。

歯が磨いた後、大量の水でうがいをすると、口の中に残っているフッ素が流れ出てしまい、せっかくの効果が薄れてしまいます。ップならば2CM程度、おちょこ一杯よりちょっと多いくらいの量で、20秒間ゆすぐのがベストです。

スポンサーリンク

良い歯科医と悪い歯科医の見分け方とは?

もはや、コンビニの数よりも多い歯医者の数。良い歯医者もあれば悪い歯医者も存在します。では、その見極めはどうすればいいのでしょうか?

選択肢を与えてくれない歯科医は信用するな

保険内か保険適用外かどちらの治療をするにせよ、選択肢を与えてくれない歯科医は信用できないでしょう。特に、とにかく削ってセラミック(保険適用外)の被せモノをつけたがる歯科医は注意が必要でしょう。

良い歯科医が知っている共通点とは

良い歯科医は歯が全身疾患に関係していることを知っているので「連携している病院はあるか?」と聞いてみるのもいいでしょう。

コンビニ並みに深夜営業している歯科医も注意?

土日や深夜も営業している歯科医は経営が苦しい側面があります。休みの日に学会に出たり論文を読んだりする余裕がなく、知識が更新されていない可能性があるので要注意でしょう。

スポンサーリンク

さいごに

歯は一度削ると二度と元には戻らないばかりか、治療した歯が虫歯や歯周病の原因となります。老いて大変なことにならないためにも、歯の治療を甘く見てはいけません。歯科医もコンビニ以上に存在します。良い歯科医もいれば、悪い歯科医もいます。あなたの大事な歯が悪い歯科医の診療報酬の餌食にならぬよう信頼できる歯科医を見つけましょう。

-健康・美容

Copyright© やまそうNOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.