愛知県名古屋市の30代MBA税理士がお届けする税務・経営のみならず日頃の生活に役立つ情報が満載

愛知県名古屋市のMBA税理士 やまそうNOTE

アウトドア

富士山登山の知識とマナー7選 楽しく登るために知りたい最低限の知識

更新日:

やまそうです。誰もが1度は登ってみたいと思う富士山。山頂からご来光を拝んだときの達成感は格別です。

しかし、そんな魅力ある山だからこそ、登山地は様々なルールとマナーを守る必要があります。今回はそんな、富士登山の知識とマナーをまとめたので紹介します。

知識①  登山シーズンは通例7月上旬から9月10日まで

登山道は通常7月上旬に開通

登山シーズンは約2ヶ月です。ここ数年、7月1日に山梨側が、7月10日に静岡側が開通されます。とは言え開通日は残雪量に左右されるため、毎年6月中旬の正式発表次第になります。

シーズン終了は、山梨側、静岡側ともに9月10日と言うのが通例です。こちらも天候に左右されるため、自治体などのホームページで事前に確認をしましょう。梅雨明けの7月中旬以降は、夏休みと重なり登山者が増え、特に週末は大混雑になります。

おすすめシーズンは終了間際の9月中旬

山小屋の予約も取りづらいので、シーズン終了間際の9月中旬もお勧めです。空気も澄んでくるので穴場です。

開山期間以外は降雪等の影響で初心者には大変危険ですので、絶対に登らないようにしましょう。

スポンサーリンク

知識② 登山口と登山ルート 山頂までルートは4つ

山頂までのルートは4つ

登山山頂への登山ルートは、以下のとおりです。

①富士スバルラインの五合目を起点とする「吉田ルート」

②須走口の五合目を起点とする「須走ルート」

③御殿場口の新五合目を起点とする「御殿場ルート」

④富士宮口の五合目を起点とする「富士宮ルート」

の4つがあり、それぞれ起点となる登山口が異なります。

アクセス手段は事前に要確認しよう

夏の登山シーズンは、御殿場ルートを除き、登山口までのマイカー規制が実施されているため、基本、バスなどの公共交通機関で登山口までアクセスすることとなります。

ただし、吉田ルートと須走ルートでも、電気自動車や燃料電池車に限って通行を許可していますので、こちらも詳細は、自治体などのホームページで事前に確認しましょう。

スポンサーリンク

知識③ 登山スケジュール 不安なら2泊3日の日程で登ろう

ハードスケジュールで高山病も ゆったりペースで2泊3日も検討材料に

富士登山の大敵や高山病です。特に、ご来光狙いの半泊2日のスケジュールは、一気に標高の高い場所へ登っていくため高山病を発症しやすく、途中で登頂を断念する人も少なくありません

最近は、2泊3日などのゆったりとしたペースで良い登山を楽しむ人も増えており、不安のある人は検討したいところでしょう。

下りの時間も忘れないで 下山時の山小屋もチェックしよう

また忘れてはならないのが、下山の所要時間です。下りは疲れや足の痛みなどで思いのほか時間を要し、日暮れまでに下りられない恐れもあります。

吉田ルートの八号目、御殿場ルートの七合目より低い場所には山小屋がないため、下山時に利用できる山小屋もあらかじめチェックしておきたいです。

スポンサーリンク

知識④ 富士山に潜む様々なリスクと禁止事項

富士山に潜むさまざまなリスク

富士山は、登山道や山小屋が比較的整備されている山です。そのため、気軽に登ろうと考える人が後を立たず、毎年多くの遭難者や事故が発生しています。

登山の際には、高山病はもちろんのこと、激しい気温差による低体温症や、天候の急変による落雷、落石、噴火、迷い道などリスクがあることを肝に銘じ、絶対に無理な行動しないように心がけましょう。

 

国立公園特別保護地区のため動植物や石の持ち出しは禁止

さらに、万一の際の援助要請先に関しても、事前に連絡先を確認しておきましょう。また富士山の五合目より上のエリアは国立公園特別保護地区に指定されており、「動植物の採取」や「溶岩や石の持ち出し」、「落書き」などが禁止されているので注意が必要です。

スポンサーリンク

知識⑤ ホテルのようなサービスは期待しない 山小屋での過ごし方

山小屋は必要最低限の設備士しかない簡易の宿泊所

五合目以上にある山小屋は、必要最低限の設備しかない簡易の宿泊所です。簡単な夕朝食をとることができますが、1人分の就寝スペースは限られています。

富士山では水が貴重なため、顔や手を洗うための水はなく、浴室も用意されていません。水場がないので水の補給もできず、飲料水は下から運ばれた割高のペットボトルを購入することになります。

過剰なサービスは期待しない!ゴミは全て持ち帰る必要あり

また、宿泊時に生じたゴミは、必ず全て持ち帰る必要があるなど、一般のホテルや旅館のようなサービスは期待できないので注意しましょう。

ちなみに、富士山ではテントの設営が許可されており、焚き火も禁止されています。開くマークで宿泊は、山小屋に泊まるようにしましょう。

スポンサーリンク

知識⑥ 携帯トイレも携行しよう 富士山でのトイレマナー

富士登山では、計画的にトイレを利用することも重要です。かつて富士山に設置されていたトイレは、垂れ流し方式だったため、利用者が捨てたトイレットペーパーやし尿などが山肌を汚し、悪臭を放つなど評判が悪い時期がありました。

しかし近年、自治体がトイレの改良を進めた結果、今ではほぼすべてのトイレが環境配慮側のバイオトイレとなっています。

利用者は、きれいに使うのはもちろんのこと、故障の原因となるため、便器内へのゴミ捨ては厳禁です。また山頂のトイレは、ご来光直後に混雑のピークを迎えることから、対策として、ザックの中に携帯トイレを用意しておきましょう。

知識⑦ 子どもとの登山は用意周到で!ペットと登るのは原則NG

お子さんとの登山は用意周到で

この夏、親子で富士山へ登りたいと考えている人も多いでしょう。ただし、山頂までたどり着けるか否かは、お子さんの体力と経験次第でしょう。

富士登山初体験という場合は、トレーニングがわりに近所の山へハイキングに出かけ、事前に体をならしておくなど、順当な準備を心がけましょう。一方、五合目より上の国立公園特別保護地区内では、動物を放すことが禁じられています。

ペットと登るのは原則NG

そのため、山小屋、休憩所、売店にベッドを連れ込むことや、ペット連れでの登山は原則NGです。また、登山道には鋭利な溶岩がごろごろしているため、ベッドの端にダメージを与える恐れもあります。米以下でも注意が必要です。

-アウトドア

Copyright© 愛知県名古屋市のMBA税理士 やまそうNOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.