税理士試験に合格した経験を中心に試験対策のノウハウを紹介。また、30歳〜40歳の男性が気になるトレンドも追いかけていきます

やまそうNOTE

節約

NTTドコモが新料金プラン発表 最大4割値下げも!?誰が一番お得?

投稿日:

やまそうです。過去の記事でNTTドコモが携帯の分離プランを打ち出すことにより、iPhoneの買い時の時期に関する記事をお伝えしました。

2019年4月15日NTTドコモは、6月から適用する新料金プランを発表しました。一定の条件を満たせば通信料が現在のものより最大4割安くなるというものです。

料金体系が複雑化する中、一体、どういった人たちがお得になるのでしょうか?

スポンサーリンク

NTTドコモが発表した新2プランとは?

今回のNTTドコモの新プランを簡単に表せば、シンプルかつお得な料金にした最大4割の値下げを実現しました。

今回、NTTドコモが発表した新プランは、月5,980円(税抜)でインターネットを使い放題のプラン(最大30GBまで速度制限なし)の「ギガホ」と、使った通信料によって通信料が変わる1,980円からのプランの「ギガライト」です。

この通信料により料金が変わる「ギガライト」プランは、条件が整えば、これまでより、なんと最大4割も値下げとなります。

スポンサーリンク

NTTドコモはなぜ新プランを打ち出したのか?

これまでのNTTドコモは一定期間の契約で端末代を割り引くセット販売を実施してきました。しかし、今回、発表したプランは、端末代と通信料を完全に分離したプランです。このプランが生まれたの国の動きです。

2018年8月に菅官房長官の会見で「携帯料金は4割程度下げる余地があるのではないか」という発言が注目を浴びました。政府は現在行われている国会で、通信料金と端末代を分けることを義務づける法改正を目指しています。この法改正は、競争を促して、通信料を安くすることを狙いとしています。

NTTドコモの吉澤和弘社長の会見によれば、官邸などの発言の影響により今回のプランを発表したわけではなく、今年度の下期に新規の事業者である楽天が参入することにより、市場環境が変化する可能性を想定して、先んじて競争力を強化する必要があるため、新プランを打ち出した模様です。

しかし、実際のところ、国からのお達しに従ったことが本音でしょう。

スポンサーリンク

新プランの発表からわかるNTTドコモの強みとは?そして今後は?

ドコモの強みは他者に比べ、圧倒的に家族ユーザーが多いので、家族が安くなる料金プランの仕組みになっています。実際、最大4割の条件をみても家族3人以上の契約が必須となっています。

また、2年間端末を買ってなくて、割引がなくなった人は、今回の料金プランを変えると安くなる可能性があります

また、吉澤和弘社長の会見によると、NTTドコモは通信料のみならず、端末代についてもお求めやすくするアイデアを考えているようです。

スポンサーリンク

まとめ

このようなNTTドコモの動きによりSoftBank、auも更なる料金プランの見直しにより対抗する模様です。

今回のNTTドコモの新プランの発表により、端末代と通信料金がわかりやすくなりました。今後値下げ競争がスタートするでしょう。しかし、今までの料金プランからがらっと変更するので、相当分かりにくくなってしまう可能性があるため、プランの見極めが必要となるかもしれません。

他者も当然対抗措置をとる可能性があるので、NTTドコモのプランにすぐに飛びつくのではなく、しばらく待ってみるのも得策です。

-節約

Copyright© やまそうNOTE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.