税理士試験に合格した経験を中心に試験対策のノウハウを紹介。また、30歳〜40歳の男性が気になるトレンドも追いかけていきます

やまそうNOTE

観光・旅行

海外新婚旅行は個人旅行?パックツアー?あなたに合うおすすめプランは

投稿日:

やまそうです。個人的なことですが、2018年9月に入籍しまして、2019年に挙式とこの9月に新婚旅行でイタリアに行く予定です。

現在、結婚式の準備で忙しいのですが、それと同時に新婚旅行の準備もそろそろ始めなければならず、現在色々調べております。

私が調べていることが、今後、新婚旅行や海外旅行に行く予定の方に役立つのではないかと思い、私の備忘録を兼ねてブログでまとめましたので紹介します。

スポンサーリンク

一生に一度の新婚旅行 誰もが妥協はしたくないけど一般的な予算は?

一生の記憶に残るであろう新婚旅行。国内や海外を問わず素敵な時間を過ごしたいですよね。しかし、新婚生活では、新居に引っ越ししたり、結婚式をあげたり、何かとお金がかかりますが、せっかくの新婚旅行だからこそ妥協はしたくないのが本音でしょう。

そこで、気になるのがそもそも新婚旅行っていくらぐらいのお金がかかるのかということです。

新婚旅行の平均相場は60万8000円!さらにお土産代が・・・

リクルート『ゼクシィ結婚トレンド調査2017』によれば、新婚旅行にかけたお金が60万8000円だそうです。さらに、新婚旅行でのお土産代が10万9000円。トータル71万7000円が新婚旅行にかかる支出です。

長期連休を頂いた会社の同僚、上司さらには参列してくれた身内や友人を考えるとそれぐらいかかってしまうのかもしれませんね。

妻の年齢が上がれば旅行代も上がる傾向に

さらに、妻の年齢により金額が変化するようで、妻の年齢が24歳以下で54万4000円、25〜29歳で62万円2000円、30〜34歳で67万2000円、35歳以上となると71万4000円と、妻の年齢があがるにつれ、費用も高額になる傾向があります。おそらく、年齢的に海外旅行にも慣れておりより高額になるのでしょう。

一般的な予算を紹介しましたが、では、海外への新婚旅行はツアーで行くべきなのでしょうか?それとも個人旅行で行くべきなのでしょうか?普段、海外旅行に行き慣れてない方はどちらで行くべきか迷いますよね。

ツアーと個人旅行でのメリット・デメリットを紹介します。

スポンサーリンク

海外新婚旅行をパックツアーでいくメリット・デメリットとは

パックツアーってどんな旅行?

パックツアー(パッケージツアー)とは、大手旅行代理店などが販売しているもので日程があらかじめ決められており、航空券やホテルなどが全部セットになっているものをいいます。

一昔前では、ツアーといえば「旗を持った添乗員が同行して観光地を回る」というイメージが強いですが、最近では、「往復航空券とホテルだけが付いていてあとは自由行動」というフリープランのほうが主流のようです。

それぞれのメリットとデメリットは以下の通りです。

パックツアーのメリット

  • 航空券とホテルを一緒におさえるから通常よりも安い
  •  添乗員や現地係員がいて海外旅行になれていなくても安心
  •  空港〜ホテル間の送迎などのサービスが手厚い
  •  レンタカー・食事・観光名所などのオプションもまとめて予約可能

パックツアーのデメリット

  • 日数やホテルがあらかじめ決められているため自由度が低い
  •  一人参加だと高額な追加料金が加算される

パックツアーをどのように準備していく?国内最大手JTBがやっぱり安心

では、パックツアーをどのように準備していくべきでしょうか?

海外旅行の計画で欠かすことができないのは、JTBなど旅行代理店で海外旅行のツアーを探していくことがオススメでしょう。

例えば、同じイタリアでも様々なパックツアーが準備されており、あなたにあったツアーを見つけることができます。

しかも、は、JTBでないと行けないオリジナルのツアーもあるので、海外旅行に慣れていない人はもちろん、慣れた人でも掘り出し物のツアーが見つかるかもしれません。

スポンサーリンク

海外新婚旅行をパックツアーでいくメリット・デメリットとは

個人旅行ってどんな旅行?

一方、個人旅行は上記のパックツアーとは異なり、航空券の手配からホテルの予約まですべて自分で手配する旅行となります。

それぞれのメリットとデメリットは以下の通りです。

個人ツアーのメリット

  • 航空券とホテルを自由に選ぶことができる
  •  ホテルの長期割引があるので、長期滞在の場合にはツアーよりも格安
  •  航空券だけ手配して現地の友人宅に泊まったり野宿も可能
  •  OPENチケットを使えば帰国日も自由

ここでいうOPENチケットとは、搭乗区間のみ指定されている、便の予約が入っていない航空券のことです。

個人ツアーのデメリット

  • 各種予約からトラブルの対応まで、すべて自分で対応しなければならない
  •  短期滞在の場合、ツアーに比べて割高となる可能性がある

個人旅行はどのように準備していく?

個人旅行の場合、ゼロスタートから計画を立てなければなりませんが、今では様々なサイトがあるため、あらかじめ大雑把な計画が立てれば飛行機や宿泊地を抑えていけばいいので、各サイトを上手く活用していきましょう。

格安航空券を探すなら絶対おすすめ TRAVELIST


海外旅行での予算で大きく占めるのが航空券の料金でしょう。航空券を安く抑えたいなら格安航空券がおすすめです。最短5分で予約!会員登録不要!海外航空券予約はTRAVELIST(トラベリスト)なら、簡単に格安チケットを探すことができます。

TRAVELIST(トラベリスト)は総合オンライン旅行会社です。海外の格安航空券と格安チケットを24時間・365日オンラインで空席照会と予約できるサイトです。オンラインなので、スマホやPCでいつでも航空会社の運賃や空席状況を比較・購入できます。

チケットレスサービスなので、スマホだけあれば購入も搭乗ができます。アプリなどで購入した航空券は、ご確認メールを送信することはもちろん、アプリがあればいつでも確認・キャンセルが可能です。

また、オンラインサービスですが、電話やメールによるサポート体制のため安心安全です。

100以上の世界主要予約サイトを比較した ホテル料金比較サイト「ホテルズコンバインド」


航空券を抑えたら次はホテルの予約です。例えば、せっかくの新婚旅行だから、1泊ぐらいは三つ星ホテルに泊まってみたい。でも予算は抑えたいから他の日程は普通のホテルと考えるあなたもこの【ホテルズコンバインド】で叶えることができます。

しかも、100以上の世界主要予約サイトの料金を一括比較するから簡単に宿泊最安値を見つけることができます。

お金だけで無く、探す時間を節約できるのはおすすめです。

スポンサーリンク

ツアーと個人旅行の中間のダイナミックパッケージも人気

最近、大手旅行代理店で発売しているもので増えてきたのがダイナミックパッケージです。サイト上で航空券とホテルを自由に組み合わせて一括で予約できる、ツアーと個人旅行の中間として人気があります。

パックツアーとの違い

  • 飛行機やホテルを自由に選ぶことができる
  •  日程が決まっていないので自由に日程を組むことができる
  •  基本的に他のオプションサービスはついていない

個人旅行との違い

  • 航空券とホテルを別々に取るよりも安い
  •  航空券とホテルの組み合わせを比較しながら一括で予約することができる
  •  自由度は個人旅行に比べ落ちる

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?今回はパックツアーと個人ツアーの違いを紹介しました。結論から言えば、海外旅行を初めて行く人や慣れていない人は、パックツアーが絶対オススメです。

確かに自由度は落ちますが、あらかじめ日程が決められていることが逆に初心者にとって安心材料といえるでしょう。

しかし、海外旅行に慣れている人やあらかじめ行きたい場所が決まっている人にとっては個人旅行がおすすめとなります。

現在、私自身もイタリア旅行の計画を立てておりますがまた具体的に日程等が決まったら、どのように決めていったか紹介させて頂きます。

-観光・旅行

Copyright© やまそうNOTE , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.