同世代の30歳から40歳代が日頃気になる話題のニュースや情報をNOTEに記録するかのごとく紹介していきます。

やまそうNOTE

観光・旅行

新名神高速道路開通で渋滞が緩和!鈴鹿SAのピットスズカでF1楽しめる

更新日:

やまそうです。2019年はゴールデンウィークが10連休も続きます。もう既にどこに遠出しようか計画している人もいるのではないでしょうか。

遠出となると高速道路を利用する方も多いはず。そこで心配なのが長期連休の名物の高速道路の大渋滞。しかし、今年の高速道路の大渋滞の予測も例年と違い変わるかもしれません。

その理由は2019年3月17日に開通する新名神高速道路の開通により、渋滞が緩和されるかもしれないからです。今回はこの新名神高速道路の開通とその開通期間にあるサービスエリア「PIT SUZUKA(ピットスズカ)」についてもご紹介いたします。

スポンサーリンク

新名神高速道路 新四日市ー亀山西の開通でどう変わる?

新名神高速道路の新四日市JCTから亀山西JCTを結ぶ路線約23km区間(赤線部分)が2019年3月17日に新たに開通されます。この区間が開通することによって、何が変わるのでしょうか。

http://www.c-nexco.co.jp/corporate/pressroom/news_release/4474.html参照

東名阪自動車道の四日市JCTから亀山JCT区間は渋滞で有名箇所だった

新名神高速道路の南を走る東名阪自動車道は、毎日、慢性的な渋滞が発生することで有名でした。ゴールデンウィークなどの長期連休時はもちろん、普通の土日でも渋滞が発生するほどです。

なんと、この四日市JCTから亀山JCTの間で発生した渋滞数はなんと年間1279回も発生してました。単純計算、1日に4回も渋滞が発生していた区間なのです。

豊田JCTから草津JCTの所要時間が約27分も短縮

従来の名神ルート(約1621km)では、豊田JCT(愛知県)から草津JCT(滋賀県)で約106分かかりました。

この新名神高速道路の開通により、この豊田JCT(愛知県)から草津JCT(滋賀県)の所要時間が約79分で所要時間が約27分も短縮される模様です。約1/4短縮するなんてありがたいですね。

さらに、新名神高速道路の開通により、従前のルートの東名阪自動車道と交通量が分散されるため、大幅に渋滞予測が緩和され、なんと9割も削減されると予測しています。

なお、亀山西JCTでの開通区間と伊勢方面を接続するランプウェイは2019年度中に開通するため、3月17日時点では接続されていなかったので注意が必要です。

スポンサーリンク

新区間唯一のSAのPIT SUZUKA(ピットスズカ)もオープン!

高速道路の新区間が開通となると、やっぱり楽しみなのはサービスエリアでしょう。今のサービスエリアはただの休憩施設ではなく、フードコートやお土産だけではなく観覧車などのアミューズメント施設も充実しています。

新名神高速道路の新四日市JCTから亀山西JCTを結ぶ路線にも鈴鹿パーキングエリアに商業施設の「PIT SUZUKA(ピットスズカ)」がオープンします。

この鈴鹿PAは上下線どちらからでも利用できる集約型の施設で中部圏と関西圏をつなぐ拠点と期待されています。

実際のF1レーシングカーが生で見ることができる

鈴鹿市といえば、F1レースなどが行われる日本屈指のレーシングコース「鈴鹿サーキット」ガ有名です。鈴鹿市自体も「モータースポーツ都市」と宣言しており非常に力を入れています。

なんとPIT SUZUKAには、実際のF1レースにも使われたF1カーや歴代の日本グランプリ優勝者の手形を展示しており、F1ファンにはたまらない企画が満載です。

また、地域のイベントに合わせて定期的に展示品が入れ替わるのでいつきても楽しむことができます。

ご当地有名店「焼肉のみさき屋」との共同開発した「ぼつ焼丼」が楽しめる

サービスエリアで楽しみなのはやはりフードコートですよね。PIT SUZUKAにおいては鈴鹿市で有名な「焼肉のみさき屋」と共同開発した「ぼつ焼丼」が楽しめます。

そもそも、このぼつ焼とはどのようなものでしょうか?

ぼつ焼とは、松阪豚のバラ肉の一部でハラミ(横隔膜)の部分です。豚1頭つきわずか350gしか取れない大変希少なお肉です。

ブツ切りにしたお肉をお客様にボツボツと召し上がって頂くということで、昭和34年にぼつ焼とつけたそうです。

また、三重県のブランド豚「さくらポーク」を使用した定食などを楽しめることもできます。

鈴鹿の名産も充実 お土産コーナー「すずかの」

鈴鹿の和洋菓子や海産物など地元産地で作られた商品のみならず、鈴鹿名産の伝統工芸品でもある鈴鹿墨や伊勢和菓子などといった「鈴鹿ブランド」の商品の他、モータースポーツ関連商品も充実しています。

スポンサーリンク

まとめ

2019年3月17日に開通される新名神高速道路の新四日市JCTから亀山西JCTを結ぶ路線を紹介しました。

2019年のGWにおいては亀山西JCTでの開通区間と伊勢方面を接続するランプウェイが接続されていないため、渋滞緩和の恩恵は受けられないかもしれませんが、将来的に渋滞緩和することが期待されています。

新たに作られた鈴鹿サービスエリアには商業施設の「PIT SUZUKA」もオープンし、高速道路の運転で疲れたドライバーのためにコインシャワーなどの施設も充実しています。

さらに、地域の方も利用できるよう一般道から利用できる「ぷらっとパーク」も整備されており、あらたな商業施設として楽しめるでしょう。

 

 

 

-観光・旅行

Copyright© やまそうNOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.