愛知県名古屋市の30代MBA税理士がお届けする税務・経営のみならず日頃の生活に役立つ情報が満載

愛知県名古屋市のMBA税理士 やまそうNOTE

トレンド

東京オリンピックチケットをゲットならスポンサー企業キャンペーン狙え

投稿日:

2019年6月20日に東京オリンピックの抽選結果が特設サイトにて発表されました。特設サイトになかなか繋がらず、繋がったあげくふたを開けたら、想像以上の落選祭りで多くの方が落胆したのではないでしょうか?

まだまだ、チケットを入手する方法はありますが、チケットをどうしてもゲットしたいなら様々な手段を駆使してでもゲットしたいですよね?

今回は、キャンペーン応募で東京オリンピックを観戦できるかもしれない東京オリンピックのオフィシャルスポンサーを紹介します。

スポンサーリンク

予想以上に期待される東京オリンピック!ふたを開けたら激戦だった

スポーツ社の独自調査では当選確率2.95%

大会組織委員会の発表によると、ID登録者数は最終的に750万8868人まで到達したそうです。今後の販売計画等により、販売枚数や販売倍率は公表されていませんが、とある日刊スポーツ社が社員に対象に行った調査では、チケットの当選倍率は、たったの2.95%だったとしています。

さまざまな組織でも当選確率を公表していますが、同じぐらいのパーセンテージのようです。

まだ諦めるな!全落ちでもまだチケットをゲットする方法は残っている

チケットを応募した方の中には、全部当選したら総額100万円以上という猛者もいたようですが、そのような方でも全落ちをしていたり(当選しなくてホッとしている方もいるようですが)、チケット入手を甘く見て、1枚しか応募していなく後悔している人もいる方もいます。

しかし、チケット入手は、今回が全てではありません。まだまだチャンスは残されています。他の入手方法はこちらをどうぞ。

過去のオリンピック大会でもチケットは段階的に発売されてきた経緯

2008年の北京大会、12年のロンドン大会、16年のリオ大会でもチケットは段階的に発売されていたので、今回の抽選でも限られた枚数のみが売り出されていたという考え方が一般的でしょう。

さらには、オリンピック熱が盛り上がるように意図的に操作したのではと考える方もいるようです。とにかく、まだまだチャンスはあるので、諦めずに行きましょう。

スポンサーリンク

東京五輪公式スポンサー企業キャンペーンなら無料でチケット入手できるかも

東京オリンピックのオフィシャルスポンサー企業が行っているキャンペーンに応募することでもしかしたら、無料で東京オリンピックを観戦できるかもしれません。

もちろん、先行発売以上に倍率は高いかもしれませんが、宝くじ同様、応募しなければ当たりません。東京五輪の公式スポンサー企業が行っているキャンペーンをまとめたのでぜひ、応募していきましょう。

パナソニック 対象商品を購入すれば合計2020人にあたる大判振る舞い

まずは、パナソニックです。対象商品を購入した人の中から合計2020人(うちパラリンピックが200人)が当選するという大盤振る舞いなキャンペーンを実施します。

なんと開会式・閉会式も10組20人に当たります。家電買い替えのタイミングが合えば、ぜひチャレンジしていきましょう。第一弾は11月30日まで、第二段が12月1日から来年5月までと応募期間にまだまだ余裕があります。

三井住友銀行 未来に思いをはせればチケットもゲット!?

三井住友銀行では「ミライへの大切な思い」を100文字程度で書き、Webから応募すると25組50人が当選するキャンペーンを実施中です。

さらに、各店舗で「未来年表」を担当者とともに作成すると100組200人にチケットが当たるキャンペーンも実施しています。担当者と直接対面での応募のため、恥ずかしさから他の応募より競争倍率が下がるかもしれませんね。

恥ずかしがらず、チケットゲットのためにミライへの思いをはせてみましょう。

東京海上日動 自動車保険の新規加入か契約継続で開会式のチケットゲット!?

2020年1月1日時点で有効な東京海上日動の自動車保険、または超保険(自動車の補償)に新規加入か契約継続した人を対象に、抽選で開会式か競技チケットが100組200人に当たるキャンペーンを実施しています。

応募締め切りは9月30日までとなっているので、自動車保険の検討をしている方には選択肢の一つとしていかがでしょうか?

アース製薬 殺虫剤を買ってさらにオリンピックチケットをゲット!

アース製薬の虫ケア用品(殺虫剤)を2500円以上買って申し込むと25組50人に観戦チケットが当たる「2020の夏も、アースが守る。キャンペーン」を実施しています。

これから、虫除けのための殺虫剤は必需品です。応募締め切りは8月26日(レシートの有効期限は8月20日)までなので、夏を乗り切ると同時にオリンピックチケットをゲットしましょう!

野村證券 つみたてNISAや投信積立の資産運用がてらチケットをゲット

野村證券では、キャンペーン期間内に1000円から積立が可能な「投信積立」、または非課税期間が長期にわたる「つみたてNISA」で累計5万円以上を買い付けた人の中から50組100人に観戦チケットをプレゼントしてくれます。

12月30日までの約定分が対象であるため、資産運用を検討しているなら野村證券も視野に入れておきましょう。

スポンサーリンク

最後に

いかがだったでしょうか?今回は、予想以上の激戦となった東京オリンピックのチケットの入手をスポンサー企業のキャンペーンを利用してゲットする情報をまとめました。

まだまだ、チケットを入手するためのチャンスはありますが、自動車保険や電化製品の買い換えを検討しているなら、スポンサー企業のキャンペーンを利用してオリンピックチケットをゲットしてみるのもおすすめです。

-トレンド

Copyright© 愛知県名古屋市のMBA税理士 やまそうNOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.