税理士試験に合格した経験を中心に試験対策のノウハウを紹介。また、30歳〜40歳の男性が気になるトレンドも追いかけていきます

やまそうNOTE

生活スタイル 節約

格安SIMは結局どこがいいの?最強格安SIMはこの3社だ!2019年版

投稿日:

やまそうです。先日、格安SIMはキャンペーンで決めるべしとお伝えしました。

格安SIM 加入するなら今!さらにお得なキャンペーン7選 最新2019

しかし、大手キャリアから格安SIMに移行を考えた場合、業者の数があまりに多すぎて、どれを選ぶべきか迷ってしまいます。そこで数多くある格安SIM会社から最終格安SIM3強を紹介します。

スポンサーリンク

失敗しない格安SIM選びで注目すべきはこの4項目

通信速度が安定しているか

格安SIMで最も重視すべきことは、どの時間帯でも安定した通信速度が出るかどうかです。一日を通して通信速度が維持できるSIMが優秀といえます。安さばかり気をとられ乗り換えると通信速度が遅くて後悔ということになりかねません。

店舗販売の有無

現在、SIM入りパッケージは減少しており、発想手続きが必要となり使用までに2,3日のタイムラグが生じます。即日使いたい場合はショップに行く必要があります。ですので、店舗販売の有無もSIM選びのうえで重要となるでしょう。

カウントフリーなどのサービスがあるか

対象サービスの通信費をカウントしない「カウントフリー」が大手キャリアも対応し始めており、格安SIMにおいてもその波が押し寄せています。ですので、「カウントフリー」は標準装備といっても過言ではないでしょう。

価格が適正か

総務省からの通知で低価格帯のプランを用意し始めた大手キャリアに負けないため、パケットを2倍にしたり、違約金を増額するなど調整をおこなっています。

スポンサーリンク

3大キャリアから格安SIMに移行する3STEP

そもそもどうやって3大キャリアから格安SIMに乗り換えするか分からないから、躊躇しているという方もいるかと思います。私も格安SIMへと移行しましたが、手続きとしては10分足らずでできてしまいます。分からない方のために移行するための3STEPを解説します。

①違約金のかからない期間に狙いを定める

通信業者を乗り換えるときに気になる2年縛りの違約金です。2019年3月から違約金不要期間が2ヶ月から3ヶ月に延長されるので移行しやすくなるといえます。しかし、違約金不要期間がまだ先でも違約金を払ってでも格安SIMに乗り換えた方がトータル的に安くなるならば、違約金不要期間内に解約するのもありでしょう。

②SIMロックの解除を行う

ショップや電話手続きによりSIMロックの解除を行った場合には3000円の解除手数料が発生しますが、Web手続きであれば無料で解除ができてしまいます。また、移行元キャリアと同じ対応回線のSIMを使う場合には、SIMロック解除は必要はありません。

③契約して移行を行う

上述の通り、ネットなどでパッケージを買ってもSIMカード自体はすぐに入手できないので、すぐ使いたい場合は店頭で行う必要があります。

スポンサーリンク

最強格安SIMはこの3社だ!2019年版

mineo(マイネオ)


マイネオは2018年9月からソフトバンクの回線を始め、全国規模で契約できる事実上初のトリプルキャリアとなりました。どのキャリアからもSIMロック解除なしでスムーズに乗り換えられる点は大きな独自性といえるでしょう。

速度面に目を向ければ、定期的に回線強化を行っており安定的な速度を維持できているといえるでしょう。格安SIM各社が比較的弱いとされている12時台も安定しているという情報もあり評価できるポイントでしょう。

店舗面でいえば47都道府県のヨドバシカメラやパソコン工房など、専門ショップでSIMパッケージを購入することができる。専門ショップを含む130以上の店舗では即日開通に対応しています。

価格面では、格安SIMの他社と比べる割安感はないかもしれませんが、違約金を廃止しているのはメリットといえるでしょう。

速度から価格まで全要素を抜かりなく強化しており、トリプルキャリアとなった今、よりサービスの向上が期待できるといえます。

OCNモバイルONE


OCNモバイルONEは、日割りプランなど独自の月額プランを出している老舗のMVNOですが、速度とサービスを強化し注目度急浮上中です。無料で使えるカウントフリーオプションやかけ放題ダブルなど、魅力的なサービスが充実しています。また、セット購入で端末が安くなるキャンペーンも充実しています。

「MUSICカウントフリー」は、無料でつけることができるうえ、主要な音楽配信サービスに対応しており、音楽ファンにはたまらないでしょう。また、「トップ3かけ放題」で長電話する相手を3人までに絞れば、事実上通話し放題に近いと言えます。

LINEモバイル

LINEモバイル

LINEが運営する格安SIMです。最近まではやや地味な印象でしたが、ソフトバンクプランの開始や、2018年には「1Mbps以上キープチャレンジキャンペーン」を行うなどその存在感を増してきています。LINE公式だけあってLINEを利用した通信に関しては、カウントフリーとなるため、LINEを中心に利用するユーザーには最適です。

 

スポンサーリンク

格安SIMの今後

2019年は 、政府の指示により大手キャリア料金の2〜4割程度の大幅な値下げがあると予想されており、2年縛りについても見直されている可能性があります。

さらに、10月に楽天が第4のキャリアとして参入する予定のため、ほかのキャリアも参入に合わせて値下げする可能性があります。それに対抗するため、格安SIMの各社も対抗策として新たな価格調整、サービスの改定など行われる可能性があります。今後の動向にますます注目です。


 


 

 

-生活スタイル, 節約

Copyright© やまそうNOTE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.