同世代の30歳から40歳代が日頃気になる話題のニュースや情報をNOTEに記録するかのごとく紹介していきます。

やまそうNOTE

税理士業全般

優秀な人材が集まるWANTEDLY 急成長企業を魅了する5つの理由

更新日:

 

やまそうです。このブログでは好きなタイミングで好きなこと気になったことを書いていますが、普段は税理士をやっています。税理士として多くの中小企業の社長、経営者の方にお会いしますが、口そろって言われるのが、社員を採用できない。そもそも応募が来ないということです。

スポンサーリンク

もちろん、仕事の合う合わないはありますが、東証一部など大手企業が採用の手を広げ、大手企業ばかりに人材が集中してしまい、大手企業より魅力がある中小企業もありますが、そちらには人材の応募がほとんどないの現状です。もちろん、大学を卒業した新社会人の方が大手企業のネームバリューに憧れることはわからないこともないですが、中小企業のネームが大手企業並みに表舞台に出てこないのも問題です。今回はこの人材不足の問題について考えていきます。

仕事を辞めたい理由トップ3

仕事を辞めたい理由は人それぞれですが、ざっくり分けるとこちらの3つが考えられます。

給与が少ない

誰しもが1円でも多く、給与を多くもらいたいと思うのは当然です。それがすべてではないですが、誰しもが豊かな生活をしたいです、実際にお金が必要となることが多々あります。また、給与が低い=自分の評価が低いと感じる人も多く、それが仕事を辞めたい理由になっていると思います。

人間関係が悪い

働く以上は、組織に所属し、上司や同僚・部下よっては多くのお客様たちと関わりながら行わなければなりません。気が合わなくても仕事である以上、上手にコミュニケーションをとっていかなくてはいけませんし、人間関係がこじれてしまうといじめや無視など精神的にもつらい思いを抱えながら仕事をしなければならないのは、苦痛以外になりません。

休みが少ない

たとえ憧れの職業に就いたとしても毎日、残業で終電で帰宅したり、最悪、会社に泊まり込みする人もいるようです。さらに休日出勤が重なれば、疲れやストレスで肉体的にも精神的にも許容量オーバーを超え結果的に仕事を辞めてしまう傾向があります。

スポンサーリンク

若い人材はやりがいのある仕事を求めている

以上に仕事を辞める理由を掲げましたが、その根底にはその仕事にやりがいを感じるかどうかです。例えば、給与が少なくても、休みが少なくても、その仕事にやりがいを感じていれば、仕事を辞めるという決断には至らないでしょう。

では、仕事のやりがいとは何でしょうか?もちろん、これに対しての定義はありませんが、私が考えるのは、社会と本人の関係の中で生まれるものではないかと考えます。自分の仕事の成果が社会にどう生かされ、どんな「評価」を得られるのか。それによって自分は何を得られて、自分の将来がどうつながっていくのか。このストーリーに対して自分なりに満足感を得られている状態が、やりがいがあるということがと考えます。

つまり、やりがいの軸となるのは、社会と本人との関係の中にある「評価」「報酬」「将来」という3つの要素です。ここでいう「報酬」とは給与だけではありません。お客様から感謝された時の歓びや目的を達成した充実感など、目に見えない形でも報酬は仕事で得られるのです。

スポンサーリンク

成長意欲あふれる若手人材が集まるWantedly(ウォンテッドリー)

このような仕事にやりがいを求める人材はどこで出会えるのか?今回は新参就職転職サイトのウォンテッドリー(Wantedly)をご提案します。

ウォンテッドリー(Wantedly)は、給料や職歴などの条件ではなく、やりがいや環境で求人者と求職者をマッチングし、仕事を自己実現の場と捉える若手優秀層へとリーチ出来る採用マーケティングツールです。2012年からサービスを開始し、利用企業数が25,000社を突破しています。スタートアップ・中小企業だけではなく大手企業・NPO・官公庁までも登録しています。

急成長する企業を惹きつける5つの理由

①100万人以上の成長意欲あふれる若い人材が登録

登録ユーザー100万人以上のうち70%以上がIT・WEB系から商社・外資などの大手で経験を積んだ優秀な20-30代の若手成長人材です。職種の幅は広く、多くの分野で活躍しています。成長意欲の高いユーザーが積極的に応募しています。

②会社の魅力を伝える手段が豊富

募集では自由に要領を書くことができるのはもちろん、写真でも、動画でも社風をアピールすることができます。その他にスカウト機能や、募集を代行して作成するライティングなど、多くのオプションも利用できます。

③良質なマッチング

自社に合う志向をもつ候補者が応募しやすくミスマッチの少ない採用を実現できます。充実したユーザープロフィールだからこそ履歴書では確認できない人柄を感じ取れるからマッチングミスを防ぐことができます。

④成果報酬0円

中小企業では、人材を獲得するためのコストの負担はとても大きいです。一般的にこのような人材サイトでは、登録料で何十万と支払いかつ成果報酬を払うか、登録料無料でも採用できたとき成果報酬として、年収の20%などの報酬を支払います。Wantedlyでは、最低2万5000円からの継続課金のみで成果報酬は課されないため圧倒的なコストパフォーマンスで採用活動ができます。これはスタートアップの企業にとってはありがたい限りです。しかも今なら30日無料トライアルが出来ます。

まずは、30日無料トライアル【ウォンテッドリー】

⑤返信率の高いスカウト

他の大手サイトでは、既に登録数が飽和状態にあり、他に就職しているにも関わらず登録し続けている人が多くいます。ですので、スカウトメールを送ってもほとんど帰ってこないのが実情です。しかし、Wantedlyでは、若いサイトであるからこそ5通に1通ものスカウトメッセージに返信があります。

スポンサーリンク

まとめ

今、働き方改革を推進をしていますが、中小企業の人材不足は今すぐ解決しなければいけない問題だと考えています。一方で若い人材も企業のネームバリューでは無く、自分自身が何がやりたいのか、やりがいを求めています。税理士の立場としてですが、決して中小企業の社長は採用できないから新事業を諦めるなど決してして欲しくありません。

ぜひ優秀な人材を確保し社員と共に夢を叶えて頂きたいものです。


-税理士業全般

Copyright© やまそうNOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.