同世代の30歳から40歳代が日頃気になる話題のニュースや情報をNOTEに記録するかのごとく紹介していきます。

やまそうNOTE

生活スタイル

新社会人必見!リクルートカードと電子マネーのポイント三重取りの方法

投稿日:

やまそうです。今、コンビニやスーパー、レストランにおいて聞かれるのがポイントカードの有無ですよね。T-POINTやPONTAポイントなど様々なポイントがあります。

クレジットカードで買い物をしても、通常はそのカードに対する1種類のポイントしかつきません。しかし、リクルートカードを使えば、ローソンをはじめとする「Ponta」加盟店なら、電子マネーの「楽天Edy」と組み合わせてポイントが三重取りが可能となります。

今回は、ちりも積もれば山になるお得なポイントの三重取りの方法をご紹介します。

リクルートカードがポイント3重取りの必須アイテム

ポイント三重取りに必要なのは、「リクルートカード」のような、楽天Edyへのチャージでポイントが付与されるクレジットカードとPontaカード、そして楽天Edyで決済できるカードやスマホです。

楽天EdyへのチャージでポイントつけるならVisaかMastercard

リクルートカードリクルートカードは、今のご時世珍しい1.2%の最高還元率を誇るクレジットカードです。

しかも、Visa/Mastercardではnanaco・楽天Edy・モバイルSuicaに、JCBではnanaco・モバイルSuicaにチャージが可能で、月に3万円まではポイントが付きます。チャージするだけポイントが付くなんてお得ですよね。

月上限はカード毎に設定されているため、JCBとVisa/Mastercardで2枚持ち、上限を6万円もすることができます。

今回は楽天Edyへのチャージでポイントをつけたいため選択肢は、VisaかMastercardの選択肢となります。

スポンサーリンク

Pontaポイントの還元率が3.2%となる

ポイント3重取りの方法

例えば、ローソンでこれらを使って買い物した場合、リクルートカードで楽天Edyにチャージすれば、チャージ金額100円につき、月上限3万円まで1.2%分のリクルートポイントが付与されます。

続いて決済を楽天Edyで行うと楽天Edyポイントが200円につき1P付与されます。

さらに、Pontaカード提示で100円につき1ポイントのPontaポイントが付与されます。

楽天Edyのポイント付与先をPontaに設定すれば還元率が3.2%に!

ちなみに、楽天Edyのポイント付与先をPontaポイントに設定しておけば、リクルートポイントは等価でPontaポイントに変換できるため、Pontaポイントの還元率は3.2%となります。

スポンサーリンク

電子マネーの利用はポイントを貯めるための不可欠な存在

以上のように、ポイントを貯めるためにに電子マネーは不可欠な存在です。

クレジットカードからのチャージと電子マネー支払い、ショッピングポイントの付与でポイントを三重取りの方法は、上記に説明した方法以外に「Suica」「WAON」といった、ほかの電子マネーでも実行可能です。

ポイントの還元率は悪化の一途

近年はこうした電子マネーへのチャージに付与されるクレジットポイントの還元率は悪化の一途をたどっており、ポイントの付与がなくなってしまったカードも少なくありません。

そのように考えるとリクルートカードは稀少なクレジットカードと言えるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、リクルートカードを用いたポイントの三重取りの方法をお伝えしました。消費税の増税により、クレジットカードで利用することによりポイント還元をするという報道があり、今の時代、クレジットカードはマストアイテムといえるでしょう。

特に新社会人になる方は、クレジットカードを持つタイミングだと思われます。リクルートカードのようなお得なクレジットカードを所有することで新社会人生活のスタートダッシュをしましょう。

-生活スタイル

Copyright© やまそうNOTE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.