税理士試験に合格した経験を中心に試験対策のノウハウを紹介。また、30歳〜40歳の男性が気になるトレンドも追いかけていきます

やまそうNOTE

税理士試験

税理士試験合格のために理論暗記するなら書いて覚えるべき3つの理由

投稿日:

税理士試験の受験科目には3つの種類があります。まずは簿記論のような計算のみで構成された科目。法人税・消費税など計算・理論で構成された問題、そして国税徴収法のようなほぼ理論で構成された科目です。

多くの受験生が苦しむのが簿記論以外に存在する理論の暗記です。もちろん、計算問題もあらゆるパターンを覚えなければならないので大変ですが。

受験生で悩むのがどのように理論を覚えるべきかです。私見ですが、理論は書いて覚えることをおすすめします。おすすめする理由を紹介していきます。

スポンサーリンク

税理士試験に合格するための理論を書いて覚えるべき3つの理由

理由① 反復して書くことによって手で理論を覚える

中高生の時に英語の授業などで英文を暗唱した覚えがあるのではないでしょうか?英文を暗唱する目的は、英会話のフレーズを覚えるためです。

つまり、口を動かし声を出すことで発音を覚え相手に通じる英会話を習得するために英文を暗唱するのです。

一方で、税理士試験の理論はどうでしょう。発音して誰かに伝える必要はありますか?理論は答案用紙に書くことで初めて意味を成します

理論を完璧に暗唱できたとしても、いざ、答案用紙に書けなければ意味がありません。

暗唱できたとしてもいざ、文章として書いたら、漢字が覚え出せないということはよくあります。もちろん、漢字を間違えれば意味も変わりますので減点の対象となるのです。

また、嘘のような本当の話ですが、野球でいうバットの素振りのように手を動かして書くことによって手や体が理論を覚えてくれます。

理由② 書くことによってどこを覚えていないか明確になる

理論暗記を暗唱することで一番怖いのが覚えたつもりの状態です。暗唱して詰まらずに言えたことで満足してませんか?

自分の声を録音して聞き直さない限り、正しく覚えていたことを実証する術はありません。

しかし、書いて理論を覚えることは、書いた内容がノートや紙に残ります。そうなれば、理論の教科書などを見ながら添削をすることができます

間違えて記載していたなら、正しく書けるまで書き込む。悲しいかな、このような地道な作業が合格に近づく唯一の方法なのです。

理由③ 理論を書くスピードが格段にあがる

これが理論を書いて覚えるべきの本当の理由です。理論を書けば書くほど、記載するスピードは格段に上昇します。なぜなら、理由①でお伝えしたように頭では無く、手で理論を覚えているからです。

税理士試験は、正しい答えを書く以上にスピードが求められます。なぜなら、税理士試験は2時間の試験ですが、ボリュームが多すぎて2時間で全ての問題を解くことはできません

ということは、誰よりも一問でも多く解答した受験者から順に合格を勝ち取っていきます

例えば、あなたが理論を一語一句完璧に覚えたとしましょう。しかし、書くスピードが遅かったいかかがでしょうか?理論を書き上げた同時に計算問題の時間が無くなり、そこで不合格が確定です。

そんな悲しいことにならないように日頃から理論を書くスピードをあげていきましょう。

スポンサーリンク

理論を書いて覚えることのデメリットは?

もちろん、物事にはメリットもあればデメリットもあります。

デメリット① 暗記する場所が限られる

理論を書いて覚えるということは、ノートやペンなどの筆記道具が必要となります。

となると通勤・通学中の電車の中では、座れない限りは書くことができません(もちろん、立ちながら書くこともできますが冷たい目線を浴びるのは必至です)。

そのようなときは、片手で操作できるスマホのメモ機能などを使って、文章を起こしながら覚えるか、そのようなときに暗唱するようにしましょう。

くれぐれも、車の運転中でのスマホやながらスマホはやめましょう。

デメリット② 覚えるための時間が長くなる

理論を書かずに理論を暗唱して覚える派の意見の一つとして、書くことは時間がかかることがあげられます。

これは、暗唱は口ずさむだけでいいですが、一語一句書くことは時間がかかります。急がば回れではないですが、暗記するためには地道な時間が必要なのです。

スポンサーリンク

理論を書いて覚えるなら筆記道具にこだわろう

理論を書いて覚えるためには、良い筆記道具が絶対おすすめです。前回の記事で合格を勝ち取るなら筆記道具にこだわることをおすすめしました。

筆記道具をこだわる最大の理由は、書くこと問題を解く上でのストレスを極端に無くすためです。書きまくって、手や指が痛いはよくある話。痛みを伴えば勉強を続けるモチベーションを維持することも困難でしょう。

ちなみに私は、理論暗記をするために少々値段が張りますが万年筆が利用していました。今ではプライベートでも欠かすことの出来ない愛用品です。

書くことによるストレスを極力無くすために万年筆にはとことんこだわりましょう。

-税理士試験

Copyright© やまそうNOTE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.